太陽光発電

自家消費発電がもたらす持続可能性

JTSでは、持続可能な電力供給を可能にする、自家消費発電をご提案しています。自家消費発電とは、環境価値のある再生可能エネルギーを自社内で発電することで、自社で使用する電力を賄おうというものです。
自家消費発電には、停電時や夜間の電力を確保することができたり、電気料金のコスト削減に繋がったりといった様々なメリットがあります。自家消費発電の保有形態は、自社保有型と他社保有型の2通りがあります。

自社保有型

自社保有型は、自社の工場や店舗の屋根に太陽光発電設備を自己資金又は金融機関から融資を受け、自社設備として保有する方法です。自社保有では、余剰電力を売電する方法と、蓄電池を併設して充電し、太陽光発電ができない夜間などに活用する方法があります。

他社保有型 (PPA)

他社保有型、PPA(Power Purchase Agreement)とは、第3者が無償で発電設備を設置保有し、そこで発電された電気を購入する方法です。PPAでは、電力販売会社から電気を購入することになるため、電気使用料を支払わなければなりませんが、その代わり自社で設備を保有しないため、初期投資費用がかからず、太陽光発電の導入に費用がかからないというメリットがあります。また、自社保有型と同じように、余剰電力を売電することもできます。PPAにはオンサイト型とオフサイト型の2種類があり、オンサイト型は屋上など自社敷地内に発電設備を設置するもので、オフサイト型は自社敷地外に発電設備を設置するものという違いがあります。

 

自家消費発電の効果

BCP対策(Business Continuity Plan)

自家消費設備によって、停電時や発電がおこなわれない夜間に電源を確保することができます。ただし、停電時の電力確保には、非常電源切替盤の設置と、コンセントからの電力供給を可能にするための自立運転機付きPCSの設置が必要です。

電力料金のコスト削減と設備効果

太陽光発電により自社で電気を発電し使用すれば、電気はその分のすべて0円で使用できます。それでも賄いきれない電気は、これまで通り電力会社から購入しますが、使用料金を削減することで、それに付随する消費税・再エネ賦課金も削減することができます。

再エネ賦課金を減らすことができる

電力会社に支払っている電気料金の内訳に、「再エネ賦課金」が含まれますが、自家消費型太陽光になると再エネ賦課金の支払いが不要になります。

 

TOP