インフラ関連

地域の未来を創造する

JTSでは、インフラ事業として特に水道に注力して事業を展開しております。水道はライフラインの根幹であり、日本での普及率は98%に達します。しかしながら、少子高齢化の問題は特に地方で深刻となり、水道施設の維持管理、水道の提供が難しくなっている現状があります。このような状況下、弊社では地域の規模や特徴に見合った取り組みを進めて参ります。

弊社ユニット型ろ過システム『クララスフォンス』は初期導入の負担が小さく、維持管理が極めて容易であるという特徴があり、人材不足の解消に大きく貢献することができます。

また、ろ過装置をスマートメーター、AI・IoT技術と連動させることで、検針にかかる手間を省くとともに、設備異常の早期発見、災害時の情報収集に寄与します。

TOP